この記事は、放置アプリ「idle Apocalypse」の攻略方法について書いたものです。ちょっとふわっとした内容になるので、あくまで「メモ」として記します。

また、筆者自身の進捗状況より、Time系ショップより前(ソウル5m以下)についての攻略法になります。ご了承ください。


アップグレードが必ずしも良いとは限らない 

材料を消費しアップグレードすることで、一度に製作できるアイテム数を増やすことができる。アップグレード=良いものという先入観から、材料が集まるとすぐにアップグレードしたくなるのが人情。

しかし、アップグレードが必ずしも良い結果をもたらすとは限らず、場合によっては逆に進行の妨げになることがある。

進行の妨げになるのは、「短時間で作れるが消費材料が多いアイテム」をアップグレードする場合。具体的に言うと以下のアイテム。

・Vine Monster(Tendrils製作)
・Dgre(Dgre Hair製作)
・Mechanical Eye(Clockwork製作)
・Basilisk(Eye製作)
・Satyr(Horn製作)

アップグレードは一度に作れるアイテム数を増やせるが、アイテムによっては一度に消費する材料の数も増える(消費材料の数が増えないものもある)。

そして、大抵の場合作るアイテムの増加率よりも消費材料の増加率のほうが高い。

例えばDgreをアップグレードすると、以下のように製作・消費数が変わる。

<製作アイテム>
・Dgre Hair…4→5(1.25倍)
<消費材料>
・Stone Stew…4→6(1.5倍)
・Hide…50→75(1.5倍)

つまりアップグレードすることは、製作の時間効率は上がるものの、消費材料のコスト効率(コスパ)は悪くなる。

一度にたくさん作れるようになっても、材料が足りず動く時間が減ってしまえば、結果的にアイテムの製作量は減ってしまう。

もちろん、ずっとアップグレードしないままが良いわけではなく、あくまで「材料の製作速度がアイテムの製作速度に追いつかない場合」「充分に材料を持っていない場合」に限っての話。

材料アイテムをアップグレードして短時間にたくさん作れるようになれば速度が追いつくようになる。

あるいは、製作アイテムが必要になるピーク(フロアの追加・アップグレード・研究のため頻繁に使うタイミング)をすぎれば自然と材料が溜まっていくので、アップグレードしてもアイテムの製作量が減ってしまうことはなくなるだろう。

結論、タイミングの問題があるので、なんでもかんでもすぐにアップグレードするのは好ましくない、という話。


ソウルを使うなら先にRelics・Roomsから

進行状況をリセット(Apocalypse)することで、召喚した悪魔の強さに応じてソウルが手に入る。

問題は、手に入れたソウルを何に使うか。

手っ取り早く製作量増加に結びつくChantsに使いたくなるが、長い目で見るとRelics・Roomsに使うのがオススメ。ChantsのレベルはApocalypse時にリセットされてしまうので。

なにしろ、一度購入すれば永久(parmanent,すなわちApocalypseの影響を受けない)に使えるのだから。

特に、Mighty Hammerはフロア追加・アップグレードに絶対欠かせない存在。最優先で購入すべきレリック。むしろ、ハンマーが買えるくらいのソウルになるまでApocalypseをせず粘る方が効率的。

個人的な優先順位としては、Mighty Hammer>Rooms>ハンマー以外のRelics。ハンマー以外のRelicsはダークエネルギー・ステージ進行に役立つものだが、そこまで重要に感じない。余ったソウルで買う程度でいいだろう。


リセットの影響を受けないアイテム

以下のアイテム(アップグレード)は、Apocalypseの影響を受けず常にゲームを有利にしてくれるもの。

入手できるときは積極的に手に入れましょう。

・ダイヤ(実績、広告、ログイン報酬、ルーレットなどで獲得)
・ソウル(Apocalypse時に獲得)
・トークン類(Task、イベントで獲得)
 ※Comvat,Dark Energy,Soul,Apocalypse Token
・クリーチャーのレベル(画面上の袋アイコン→クリーチャーアイコンで移動)
・レリック(ソウルで購入)
・ルーム(ソウル・ダイヤで購入)



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット